メディカル事業

クリニックや総合病院、大学病院など医療施設において、多岐にわたる診療科目での診療や検査、手術に応じた機器を提供しています。最新医療の傾向は内視鏡や超音波診断装置を使った施術など専門化・細分化が進んでいます。こうした治療への対応が求められ、それぞれの治療行為に合わせた機器をご提案できるのが当社の強みです。
代表的なものに、産婦人科の分娩台や眼科手術台、各科目に対応する電動診察台があり、業界トップのシェアを誇っています。

高齢化社会を迎え、医療機器のマーケットは右肩上がりで成長しています。その規模は、国内で約2.2兆円、世界で約20兆円ともいわれる巨大マーケットです。この成長分野に、先入観を持たず柔軟な発想で、どんどん新しいことを取り入れていける方のチャレンジを待っています。