化粧品事業

先輩の声一覧に戻る

サロンさまの成長戦略を一緒に考える仕事 ベースとなるのはまず信頼していただくこと 化粧品事業 営業 2008年入社 古澤 裕史

一日のスケジュール
  • 9:00 担当代理店に直行
  • 車で移動、朝礼に参加
  • 9:30 代理店営業と打ち合わせ
  • 新製品の紹介・情報提供
  • 担当サロンさまへの販促提案書の修正
  • その他、さまざまな方と情報交換
  • 13:00 サロンさま訪問
  • 既存サロンさまを中心に3〜4軒
  • アポイントをとってオーナーさまに提案書説明
  • 移動中の空き時間に昼食・休憩
  • 17:00 営業所に戻る
  • その他事務処理などデスクワーク
  • 18:00 退社
サロンさまの営業終了後に講習会を開くこともあります。そんな時は、車で直接帰宅します。

代理店を通じてサロンさまへ製品と情報提供を

ルベル事業部は、サロン(理美容室)さま専用の頭髪の全てにかかわる化粧品ブランド=LebeL(ルベル)の製品を、代理店とパートナーシップを組んで販売する事が主な仕事です。業務内容は代理店に対する活動、サロンさまへの活動、イベント活動に分かれます。代理店活動では、朝礼や会議に出席し、新製品の案内や販売戦略をプレゼンしたり、代理店セールスに同行してサロンさまを訪問して、店舗の課題抽出やルベルの情報提供を行います。また、サロン活動は増収増益を目的とした計画の提案、サロン内ミーティングへの参加、営業終了後にスタッフ向けに新製品の紹介、技術指導を行います。イベント活動は、展示会やヘアショー、コンテストなど各種のイベントに参加・出展します。また、サロン経営のセミナーなどを企画立案して実施・運営することもあります。単にモノを売るだけではなく、広範囲に亘るのがルベル営業の仕事です。多くのメーカー、製品がある中で「ルベルを扱いたい」と思っていただくためには、サロンさまと夢や目標を共有し、その実現に向けて一緒に取り組むことで、“顧客の価値を創造するタカラ”という姿勢を理解いただくことが何より大切です。

さまざまな提案を通じて信頼を得ることがやりがいに

入社2年目くらいまでは、自分が考えた提案は採用されないことがほとんどでした。感情的な自分の思いだけが先行してしまい、また人前で話すことも苦手だったこともあって、どうすれば相手に響くのかを考える日々が多かったように思います。例えば、ある製品とその販売プランをご提案する場合、内容はサロンさまによって違うはずです。大切なのは、そのサロンさまにとって自分の店にピッタリだと理解していただくことだと気づきました。それからは、それぞれのお客さまの目線・相手側の立場になって自分の言葉で話せるようになり、提案が採用されることがだんだんと多くなってきました。こうした提案が成功した時もそうですし、自分自身に対する信頼が強まったなと感じる時は、大きな手応えを感じます。サロンさま・代理店とタカラが三位一体となって、共にひとつの目標目的に向けて頭を悩ませながらも少しずつ前進していくのが、この仕事の面白さであり、やりがいだと感じています。

自己成長のために毎日を大切に進んで行きます

ルベル事業部は若手の数も多く、明るく活気のある事業部です。その中でも私が所属している営業所は、ベテランセールスと若手セールスの人数バランスもよく、風通しも良い職場です。早くから販売計画の立案や、セミナーの講師をまかせてもらうなど、成長するチャンスを与えてくれる職場です。その中で自分自身、もっと大きな視野でマネジメントできる人材に成長して、会社に貢献したいと考えています。まず、現在担当している代理店のマインドシェアをどんどん大きくしていきたい。タカラのポジションを他メーカーから一歩抜きん出たものに育てていくこと、それがミッションだと毎日奮戦しています。加えて、自分が上司・先輩に育てられたように、後輩たちの指導もきちんとできるように心がけています。もっと規模の大きい市場であっても通用するよう、能力を高めていくために、現在を大切にしっかりすごそうと思います。