理美容事業

先輩の声一覧に戻る

逃げないで挑み続けることそれが自分なりの営業スタイル 理美容事業 営業 2008年入社 辻 祐志

一日のスケジュール
  • 8:30 代理店に直行
  • 朝礼に参加して、新発売の機器の
    プレゼンテーション
  • 10:00 打ち合わせ
  • 地域別にそれぞれの担当者と情報共有
  • 本日の予定を確認
  • 11:00 出発
  • 営業車にてサロンさまへ向かう
    (同行がない場合は個人で)
  • 営業車には工具やメジャー、
    時にはデモ製品を搭載
  • 途中で昼休憩&ランチ
    (カレーの頻度が高い)
  • 18:00 サロンさま訪問終了
  • 事務所に戻りデスクワーク
  • 18:30 英メーカーと打ち合わせ
  • サロンさまの営業終了後にアポが入ることも
のんびりと釣りをするのがお気に入り、最近はバスフィッシング。
同期たちと仲がいいので、年に数回全国から集まって登山などに出かけます。

機器だけではなく店舗オープンまで手がける大きな仕事

理美容室やエステサロンで使用される設備機器の営業を行っています。ひとくちに設備機器といっても、その種類は多岐にわたります。サロンに行った際に座る理美容椅子から、ヘッドスパなどを行うシャンプー台や、パーマやカラーリングの効果を促進する機器など施術サービスに関わるものから、経営に役立つ顧客管理システムまでを扱っています。営業スタイルもモノを売って終わりではなく、こうした自社製品をツールとして活用することで、メニューを増やしたり、新規顧客の開拓につなげたりすることでサロンさまの抱える問題の解決や、売上UPに繋がるような提案型営業を仕掛けていきます。また、当社の特色として既存のサロンさまだけではなく、新たに開業を検討されているサロンさまのお手伝いができることがあげられます。開業時の場所選びから資金計画の融資相談や店舗の内装工事の提案、オープン時の宣伝まで、苦労や失敗はつきものですが、ゼロから店舗の立ち上げまでの全てに携わった際には喜びも格別です。

営業向き不向きは自分で決めつけることはない

営業という仕事は、多くの方々と接する仕事なので、それぞれの考え方や価値観を理解して柔軟に対応することが求められます。特に、サロンさまへの営業ではトップであるオーナーと話す機会も多くあります。自分勝手にではなく、相手の立場に立って仕事を進めていくことがやはり一番難しいと感じます。就活時にタカラベルモントと出会って、おもしろそうな仕事だと飛び込んだのですが、自分では元々営業には向いてないと思っていました。ただ、営業所には疑問に思ったことを気軽に話せる先輩、困ったことに対して親身に相談にのってもらえる上司がいます。そして、多くの外部スタッフさんも助けてくれます。最近感じるのは、営業に向いている・いないは自分で決めることではない、他人が評価することだということ。だから、自分のスタイルでブレないように前に進むことが大切だと思います。自分で判断していいのは、やるか・やらないかだけ。当社には業界初の製品も多くあります。リーディングカンパニーとして新たな市場を創造していく醍醐味を味わえるのも魅力です。

次のステージに向かうために忘れてはいけないこと

入社した当初は製品知識も少なく、右も左も分からない状態で、先輩やお客さまに迷惑ばかりかけていました。仕事の苦しさや悔しさばかりを感じていた時期もありましたが、目の前の仕事から逃げずに対応していくことで、その思いも徐々に薄れていきました。まだまだ未熟ではありますが、サロンさまや代理店に対してどうしたら貢献できるのかと、真剣に考えて行動できるようになった時に自分も少しは成長できているのかなと感じます。これからは、もっと大きな市場でいろんなことに挑んでいきたいと考えています。もっとスケールの大きい店舗で腕を試してみたい、そんな夢に向かってがんばっていくつもりです。もちろん、サロンさまからの「辻さんにお願いしてよかった」と言われた時の何ともいえないうれしさは、原点であり決して忘れてはいけないことだと肝に銘じています。