沿革

事業多角化のあゆみ

1921鋳物工場としてスタート
1931理容・美容部門への進出
米国コーケン社の理容椅子を手本に製造を開始。
現在では理容椅子や美容椅子はもちろん、シャンプー設備や促進器など 理容・美容関連の機器を幅広く製造・販売している。

1963鋳物ホーロー浴槽の販売を開始し、住宅機器事業をスタート
1966西ドイツのウェラ社と提携して頭髪化粧品事業に進出。
77年には自社ブランドのルベル化粧品(現ルベル)を立ち上げる。
1967歯科・医療分野への進出
歯科・医療機器の製造を開始。
理美容で培ってきた技術を基にデンタルユニットやチェア、診察台、手術台、検診台などの歯科・医療機器を製造・販売している。

1973エステティック分野に進出
機器を使ったエステティックを日本に初めて紹介。
翌年にはエステアカデミーを開校。
また82年には基礎化粧品の発売を開始する。
1997ネイル分野へ進出
タカラ・インターナショナルネイルカレッジを開校。
翌年にはネイル化粧品の販売を開始。

製品のあゆみ

理容椅子・機能椅子

製品のあゆみ

美容椅子

製品のあゆみ

シャンプー機器

製品のあゆみ

ドライヤー・促進機

製品のあゆみ

給湯システム

製品のあゆみ

その他機器

製品のあゆみ

エステティック機器

製品のあゆみ

エステシモ製品

製品のあゆみ

LebeL製品

製品のあゆみ

デンタル

製品のあゆみ

メディカル

製品のあゆみ