タカラベルモント Japan メディカル事業
MENU

タカラベルモント Japan メディカル事業

閉じる

「ここに来てよかった」
と言ってもらえる
クリニックにしたい

ひらたクリニック
平田 好正 先生

平田 好正 先生

2019 年8 月に大阪府羽曳野市にてご開業された「ひらたクリニック」さま。
「患者さんの負担軽減」という弊社のコンセプトに共感いただき、診察室に椅子型診察台「Crex」を採用いただいております。

ご使用製品
椅子型診察台 Crex

「ひらたクリニック」に込めた想いや医院コンセプトについて教えてください。

平田先生:内視鏡を通じて、がんの早期発見ができるだけ “楽に・身近に” できる環境を作りたいというのが1 番の想いです。予防に力を入れるのはもちろんのこと、病気が見つかった患者さんにとっても、患者さん同士で情報共有できる場を提供できればと思っています。

椅子型診察台「Crex」との出会いはどのようなものでしたか。

平田先生:初めてCrex を見たのは先輩ドクターの施設でした。その後、展示会を訪問した際にタカラさんのブースで実物を見かけたのをきっかけに採用を考え始めました。丸椅子から診察台に患者さんを動かすことなく診療ができる患者さん想いのやさしい椅子だと感じ、是非採用したいと思ったんです。

椅子型診察台 Crex

Crex を購入する決め手となったことは何ですか。

平田先生:スイッチを押すだけで椅子状態から自動でベッド状態になる点が良いと思いました。フルフラットのベッド状態だけでなく、背もたれをリクライニングさせた状態でも使用できるため、円背の方にも対応できます。また、エコーとの兼ね合いが良いのも採用ポイントのひとつです。エコーを使用する際は、エコーをCrex の近くに寄せるだけで検査を行うことができます。患者さんも私も移動する必要がなく、検査がスムーズに行えます。

実際に使用いただいた率直なご感想をお聞かせください。

平田先生:患者さんも私も移動せずに診療を行える点が採用して一番よかったと感じます。Crex を使用したことで、椅子から診察台への移動時間が想像以上に長かったのだと改めて実感しました。

受診された方からの反応はいかがでしょうか。

平田先生:患者さんからの評判はとても良いです。「高級感のある椅子に座れる」と喜んでいただけますし、電動で動くので「すごい!」とびっくりされます(笑)

先生のこれからの夢や、当社に期待することを教えてください。

平田先生:この地域で、「内視鏡検査を受けるならここ!」と言われるようになりたいと思っています。また、早期発見できた人も今後治療を進めていく人も、患者さん皆さんが「このクリニックに来てよかった」「ここなら安心できる」と思って頂けるようなクリニックにしていきたいです。
タカラさんには、今後も良い製品をどんどんつくってもらうことを期待します!