環境方針

タカラベルモントグループの環境経営理念

環境に対する国際的危機感を当社のものとして再認識し、地球の自然循環サイクルの中で、持続可能な発展を遂げるため、地球環境の状況、環境保全技術の動向、当社の企業活動全般および製品ライフサイクル全般による環境影響の性質と程度などを見極め、環境対策活動を推し進めます。

タカラベルモント株式会社 代表取締役社長 吉川 秀隆

環境方針〈機器生産関連部門〉

  1. 製品の設計から生産、輸送、お客様でのご使用、引取り・分別・廃棄・再利用にいたるライフサイクルを視野に入れ、当社による事業活動において汚染の予防に努め、廃棄物の削減および省資源・省エネルギーを推進し、環境の継続的改善をはかります。
  2. 関連する環境の法律・規制・協定を遵守します。さらに自主的基準を設定して、環境に影響を与えるおそれのある事業活動の管理に努めます。
  3. この方針に沿って、各事業年度ごとに、目的・目標を設定し、見直します。

環境最高経営層 タカラベルモント株式会社 専務取締役 須貝 辰生

活動の範囲

  • 以下の製品のデザイン、開発及び製造
    [理容・美容用椅子と機器]、[毛髪促進機器]、[エステティック機器]、[洗髪ユニット]、[紫外線消毒機器]、[ユニット式キャビネット]、[デンタルユニット・椅子・X線撮影装置]、[デンタル・メディカル用ライト]、[メディカル手術台・処置台・診察台・診察用椅子]、[産婦人科ユニット]、[及びこれらの関連機器]
  • プラスチック製品及び人工大理石の製造
  • タカラベルモントグループ製品の保管・配送に関する物流サービスの提供

機器生産関連部門

  • タカラベルモント株式会社[本社 開発本部][製品法規制管理部][大阪工場/滋賀機器工場][湖南ターミナル]
  • タカラメディカル株式会社
  • ベルモントテクノロジー株式会社
  • ベルモントプラスチック株式会社[本社工場/富山工場]

環境方針〈化粧品事業部〉

  1. 当社化粧品事業として、製品の企画、開発から生産、物流、理美容サロン様はじめビューティビジネスに従事されるプロフェッショナルの皆様へのご提案活動、そしてお客様のご使用から廃棄にいたるライフサイクルを視野に入れ、事業活動全般において汚染の予防と環境負荷の低減に努め、省資源とエネルギーの効率利用を進め、当社の一員として環境マネジメントシステムにより、事業の継続的改善をはかります。
  2. 環境側面に関連して法律、規制、制定および当社が同意した業界等の行動規範を遵守します。
  3. 事業活動、製品およびサービスが環境に与える影響の中で、特に以下の項目について優先的に環境活動を推進する必要性を認識し、各事業年度毎に環境目標を定め、継続的改善と持続的発展に努めます。
    (1)製造段階・お客様のご使用時・廃棄段階までを考慮した環境配慮型の製品開発に努めるとともに、関連する環境情報の積極的開示を推進します。
    (2)使用する化学物質の適切な管理と、より安全な原材料の使用を促進します。
    (3)生産設備並びに事業に供されるエネルギー、また水及び原材料をはじめとする資源の効率利用に努めます。
    (4)廃棄物の削減と排出管理に努め、併せて製造部門での排水の適切な処理に取り組みます。
    (5)職場におけるグリーン購入を推進し、より環境負荷の少ない製品・サービスの調達を進めます。
  4. 環境教育や広報活動の実施により、化粧品事業部に従事する全従業員に、この環境方針の理解と環境情報の周知徹底を行い、環境保全に対する意識の向上を図るとともに、環境向上運動や環境保護活動へ積極的に支援を行います。また理美容サロン様をはじめ、広くビューティビジネスに携わる皆様を通じお客様に、環境保全に関する提案を積極的に行います。

環境最高経営者
タカラベルモント株式会社
常務執行役員 化粧品事業部長 斎藤 勝

化粧品事業部の取り組みについてはこちらをご覧ください