TOP > 企業情報 > 一般事業主行動計画(女性活躍推進)および女性の活躍に関する情報について

一般事業主行動計画(女性活躍推進)および女性の活躍に関する情報について

一般事業主行動計画

 タカラベルモント株式会社では、女性が活躍できる雇用環境、働きやすい職場環境の整備を行うため、女性活躍推進法に基づき、次のように行動計画を策定しています。

1.計画期間
2016年4月1日から2021年3月31日までの5年間

2.計画内容
目標1
女性の管理職を1名以上増やす
対策
2016年4月~
管理職に占める女性の割合は、当社が属する産業分類の平均値を既に超えているが、管理職登用選考における女性のエントリー率をさらに向上させ、女性の管理職を1名以上増やす。

目標2
契約社員を対象とした正社員への雇用転換を推進する
対策
2016年4月~
正社員登用のルールに則り、契約社員で正社員に値する人材がいれば、男女問わず積極的に正社員登用する。

目標3
仕事と子育て両立支援策を継続して利用を促進すると共に、施策を充実させる
対策
2016年4月~
・時間外労働の免除、時間外労働の制限、4歳から小学校就学までの子供を養育する正社員に適用する短時間勤務等、社員が積極的に育児時間を確保できる様、制度の周知と啓発を図って利用を促進する。
・3歳未満の子供を養育する社員は、勤務時間が6時間以上あれば勤務開始時間は始業時刻以降の1時間30分以内(15分単位)、勤務終了時間は終業時刻以前の1時間30分以内(15分単位)の範囲内で自由に設定可能な短時間勤務制度を周知し、利用を促進する。
・子供の傷病の看護でも取得可能な失効年次有給休暇の積立制度を周知して利用を促進する。
・子供の出産の際に取得可能な父親の特別休暇の取得を促進する。


目標4
仕事と家庭を両立させることができる働きやすい就業環境を整える
対策
2016年4月~
・毎年6~9月の期間にサマータイムを実施して、朝の時間帯を有効活用した効率的な働き方を通して総労働時間の削減を図るとともに、業務の効率化と社員の健康保持・増進、ワークライフバランスの推進に繋げる。
・全事業所の閉館時刻を20時に設定して残業が常態化している職場に注意喚起を行い、全社員の所定外労働時間の削減に取り組む。

女性の活躍に関する情報


1.男女の平均勤続年数(正社員)(2016年3月31日現在)

 男 性 女 性 全 体
19年8ヶ月13年8ヶ月18年8ヶ月

2.10事業年度前及びその前後の事業年度に採用された労働者の継続雇用割合(2016年3月31日現在)

 2005年度2006年度2007年度3年間の合計
男性女性男性女性男性女性男性女性
採用数21人13人24人17人29人14人74人44人
在籍者17人4人16人8人18人4人51人16人
雇用継続の割合81%31%67%48%63%29%69%37%

PCサイトを閲覧する

© TAKARA BELMONT Corp. All Rights Reserved.