HOME > 製品のご紹介 > 手術台

手術台

外科用手術台

DR-8800Series

製造販売届出番号:28B1X00012000073
販売名:外科用手術台 DR-8800

ベース部の上面をフラットに近い形状にし、
テーブルトップスライドシリンダーを手術台の側面上方に設置することで
より広い透視領域を確保。

低初高・高ストローク

昇降範囲は595mm‐1095mm。
眼科、脳神経外科のマイクロサージェリーから、胸部外科手術まで幅広く対応。
患者さん移載時の負担を軽減し、患者さん自身の乗り降りも容易。

テーブルトップアレンジによる透視領域の確保
枕板・脚板の差替え機能とテーブルトップスライド機能を組み合わせることで、より広い透視領域を確保。

2関節開脚脚板
2関節の開閉機構により、術者のアプローチ領域を広く確保。

ハンドスイッチ

LEDバックライト付きハンドスイッチにより、
内視鏡下手術など照度が落された手術室に
おいての視認性を向上。

ステイタス表示

LEDと7セグ表示により、搭載バッテリーの残量状態、テーブルトップアレンジ状態表示、
縦横転角度表示など、手術台の状態を情報発信し、使用者をサポートします。

バッテリー電源

リチウムイオンバッテリーを搭載し、連続作動時間が当社従来製品のバッテリーより約10%向上。

Positions&Operations

  • 砕石位
  • ジャックナイフポジション
  • 縦転位
  • 横転位
  • 縦横転開脚位
  • 背(腰)板屈折

■仕様
テーブルトップ寸法
:500×2063mm

質量:327kg

電気定格:AC100V 50/60Hz 6.0A

本体昇降(電動油圧式):595mm~1095mm(クッションは除く)

本体縦転(電動油圧式):頭上方25° 頭下方25°

本体横転(電動油圧式):右上方25° 左上方25°

テーブルトップスライド(電動油圧式):頭側250mm 脚側250mm

背板(腰板)屈折(電動油圧式):上方75° 下方45°

脚板屈折(手動):下方90°

脚板開脚(手動):左右各90°

TOP

下肢牽引装置装着仕様

DR-8800-K

製造販売届出番号:28B1X0001200006074
販売名:下肢牽引装置DR-8800-A

整形外科をはじめ各科手術に対応。
本体昇降機構へ直接装着することにより、牽引装置の剛性を確保。

シンプルな操作で手術ポジションへ

牽引装置装着後、フラットなベッド状態の保持が可能。麻酔処置などがスムースに行えます。
麻酔処置後、患者さんの足を牽引ブーツに装着し、脚板を取り外すことで下肢牽引手術に体位に移行。

アクセサリー

CADデータダウンロード

お問い合わせ

TOP

外科用手術台

DR-8750Series

製造販売届出番号:28B1X00012000065
販売名:外科用手術台DR-8750

枕板・脚板を差し替えることで各科手術に柔軟に対応。
スライド機能と組み合わせることで術者の足元スペース、より広い透視領域の確保が可能。

■仕様
テーブルトップ寸法
:500×2063mm

質量:350kg

電気定格:AC100V 50/60Hz 6.0A

本体昇降(電動油圧式):595mm~1095mm(クッションは除く)

本体縦転(電動油圧式):頭上方25° 頭下方25°

本体横転(電動油圧式):右上方25° 左上方25°

テーブルトップスライド(電動油圧式):頭側250mm 脚側250mm

背板(腰板)屈折(電動油圧式):上方70° 下方50°

脚板屈折(手動):下方90°

脚板開脚(手動):左右各90°

TOP

下肢牽引装置装着仕様

DR-8750-K

製造販売届出番号:28B1X00012000060
販売名:下肢牽引装置DR-8700-A

本体昇降機構へ直接装着することにより、牽引装置の剛性を確保。

アクセサリー

CADデータダウンロード

お問い合わせ

TOP

整形外科用手術台

DR-6200N

製造販売届出番号:28B1X00012000054
販売名:整形外科用手術台DR-6200

下肢牽引装置(オプション)

製造販売届出番号:28B1X00012000055
販売名:下肢牽引装置DR-6200-A

着脱式の下肢牽引装置を装着できる、軽量で耐久性のある整形外科手術台。

● シンプルなプロセスで、牽引手術ポジションへ。

■仕様
テーブルトップ寸法
:500×2030mm

質量:320kg(本体のみ)

電気定格:AC100V 50/60Hz 4.0/4.4A

本体昇降(電動油圧式):740mm~1140mm(クッションは除く)

本体縦転(電動油圧式):頭上方25° 頭下方25°

本体横転(電動油圧式):右上方20° 左上方20°

背板スライド(電動油圧式):脚側200mm

腰板屈折(電動油圧式):上方45° 下方90°

脚板屈折(手動):下方90°

脚板開脚(手動):左右各90°

アクセサリー

CADデータダウンロード

お問い合わせ

TOP

牽引装置

DR-6100-L

製造販売届出番号:28B1X00012000056
販売名:牽引装置

簡単な操作で的確な手術位の支持が行える。一般型手術台にも装着可能で、豊富なオプションパーツを用意。

アクセサリー

CADデータダウンロード

お問い合わせ

TOP

外科用手術台

DR-2600Seires

製造販売届出番号:28B1X00012000003
販売名:外科用手術台DR-2600

必要とされる機能を厳選し、シンプルを追い求め生まれた手術台のスタンダードモデル。

枕板と脚板の差し替えが可能
外科手術においてより広い足元スペースと透視領域を確保。

テーブルスライド(スライドタイプのみ)
より広い透視領域を確保。

〔背板屈折仕様〕
テーブルトップが頭方向に20cm、脚方向に10cmスライド
〔腰板屈折仕様〕
テーブルトップが頭方向に10cm、脚方向に20cmスライド

■仕様
テーブルトップ寸法
:500☓2063m

質量:220kg

電気定格:AC100V 50/60Hz 4.0/4.4A

本体昇降(電動油圧式):700mm~1000mm(ベーシックタイプ)、723mm~1023mm(スライドタイプ)※クッションは除く

本体縦転(電動油圧式):頭上方30° 頭下方30°

本体横転(電動油圧式):右上方20° 左上方20°

テーブルトップスライド(電動油圧式):枕側200mm、脚側100mm(スライドタイプ、背板屈折仕様時)

背板屈折(電動油圧式):上方60°・下方40°(ベーシックタイプ)、上方65°・下方30°(スライドタイプ)

枕板屈折(手動):上方30° 下方90°

脚板屈折(手動):下方90°

脚板開脚(手動):左右各90°

アクセサリー

CADデータダウンロード

お問い合わせ

TOP

外科用手術台

DR-2000N

製造販売届出番号:28B1X00012000001
販売名:外科用手術台DR-2000

一般外科をはじめ、医院処置室、救急処置室、泌尿器科、婦人科、美容・形成外科などに対応。
コストパフォーマンスを実現させました。

最低位は600mm、300mmの昇降ストロークを有しているため各科で幅広く使用可能。
大型キャスター内蔵で移動も簡単。

各科に必要なポジションへ移行

縦転は各20°、背板屈折は上方向70°、下方向15°。

縦転機能に水平一時停止機能を採用。
テーブルトップの水平状態が簡単に確認可能。

■仕様
テーブルトップ寸法
:500×1938mm

質量:180kg

電気定格:AC100V 50/60Hz 4.0/4.4A

本体昇降(電動油圧式):600mm~900mm(クッションは除く)

本体縦転(電動油圧式):頭上方20° 頭下方20°

背板屈折(電動油圧式):上方70° 下方15°

枕板屈折(手動):上方45° 下方90°

アクセサリー

CADデータダウンロード

お問い合わせ

TOP