ハーブ岸和田眼科

  • #眼科
  • #ナチュラル
  • #シック

明暗を回遊する
眼科は検査項目が多く、受付後の患者の動きにも一連の流れがある。また、それに合わせてスタッフの動きも連動するため、患者とスタッフの動線計画が重要である。検査については、光環境が大きく左右するため、各部屋の配置にも配慮が必要となる。今回の計画では、形状がL字型で、片側が全て窓のため、機能面で考えた場合、効率的に眼科のレイアウトを落とし込むのが難しいテナントであった。そこで、眼科の中枢となる受付と診察室の塊を島として中心に配置し、その周りを回遊しながら検査、診察を行うことの出来るレイアウトを提案した。窓面(明)に沿って明室検査、壁面(暗)に沿って暗室検査を配置し、それぞれに適した光環境となるようにした。空間を構成する素材感にも、明暗のメリハリを付けることで、空間体験としても「明暗を回遊する」ようなプランとした。

施設名:ハーブ岸和田眼科 所在地:大阪府岸和田市 床面積:293m

  • 建築設計・内装工事のご案内 TAKARA SPACE DESIGN CORP タカラスペースデザインは美と健康のための空同を創造します建築設計・内装工事のご案内 TAKARA SPACE DESIGN CORP タカラスペースデザインは美と健康のための空同を創造します
  • fLOOW Meインスタグラムでも空間提案事例を紹介中!fLOOW Meインスタグラムでも空間提案事例を紹介中!

タカラベルモントの製品を見る

pagetop
資料請求・お問い合わせ